DELTRIBE Inc.

SOUND & DESIGN PRODUCTION

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン

東京都渋谷区恵比寿1-25-2

1-25-2, Ebisu , Shibuya-ku, Tokyo, 150-0013, Japan

yas@deltribe.com

Film

Academy

技 SKILL

気の流れとストーリー

思考

THINK

機材基本

Equipment

SKILL

未来へ

FUTURE

気の流れとストーリー

カメラマンは現実の「気の流れ」を感じていない?

11

「気の流れ」=「出発点」から「目標点」に動くエネルギーとし、

 

「点と線」が見えるようになったら

「気の流れ」を見るようにします。

練習としては「ストーリー」を想像して言葉にしてみます。

 

特徴を見つけ、具体的に言葉にすると、

撮影のポイントがはっきりします。

「報道的・フレーミング」を赤枠で記載します。

 ストーリーが含まれていない事がわかるとおもいます

ストーリー:

ジャングルの中の「長い滝」を見つめる「薄着の主人公」

出発点:目

目的地:滝の上の方

​関係要素:滝の長さ、背景の緑、短パンVansスニーカー

(スニーカー的に、スケーターなのかもと想像できる)

ストーリー:

夕方?にロープでトレーニングしている砂地の男性

出発点:真剣な顔

目的地:ロープの逆の位置(見えない)

​関係要素:筋肉、汗、砂、長い影(時間)

ストーリー:

夕方、ビーチでサッカーをする男性、(おそらくブラジル)​

 

出発点:太陽

目的地:ボール(ピントの位置)

​関係要素:、海、はねる砂、体の躍動、建物の反射

ストーリー:

光の中、ライブ中に、沢山の客の手にダイブする笑顔の男性

 

出発点:光

目的地:男性の顔(肩)

​関係要素:光のサイズ、客手、倒れる体、フェンダーギター

ストーリー:

水辺、こちらの存在に気づいた森の動物

出発点:動物の目(ピントの位置)

目的地:カメラ、または右端

​関係要素:水の反射、小さな黄花、動物の色、移動方向(右)

ストーリー:

砂の世界、夕日の中で走る、白いトラック

(1)出発点:車 / 目的地:進行方向左への道

(2)出発点:太陽 / 目的地:トラック

​関係要素:夕日、砂埃、奥の山脈、手前の道(前景)、雲の形

ストーリー:

夕日の中、10mクラスのジャンプをするスキーヤー

(1)出発点:太陽 / 目的地:スキーヤー

(2)出発点:地面の一番低い位置 / 目的地:スキーヤー

​関係要素:光、高さ、雪の粉、山々、斜度

(報道アングルになると「高さ」は分からなくなる)

よく見て、撮影のストーリーを作り、フレームの中の素材をコントロールする。

センスや、感覚ではなく、理論的だと分かると思います

この作業はカメラマンではなく「ディレクター」「監督」「作家」などの要素なのかもしれません。

しかし、知っているだけで、新しいフレーミングが出来るのは確かです。

カメラを持った時、この「流れ」を見てみましょう。