ビデオカメラ

Film

Academy

技 SKILL

呼吸

呼吸を知らないと、使えない

8964064353_d18cd48e5c_b.jpg

14

動画的に使えない映像の多くは「呼吸」の感覚が低いです

動きの中で撮影したいポイントは「最大モーメント」です

 

1)セットアップ

2)予備動作

3)振りかぶり

4)最大モーメント、ヒット点

5)余韻

それは分かっていても、使えないのはなぜか?

3秒先の未来に間に合っていない

3469933490_ff53219d7a_z.jpg
Fat-Tony-BMX-Photography-18.jpg

3秒予測

空間予想

エーテル移動の予想

ストーリー構築

「最大モーメント」に気づいてから撮影しても間に合いません

 

予備動作、またはセットアップあたりから

しっかり撮影する事が必要です

 

つまり撮りたい瞬間「最大モーメント」よりも

おそらく3~5秒前には、フレームをバッチリ作ります。

 

ただ「準備の数秒」は、「使いたい映像」の瞬間ではないので

撮影していて無駄な気がしますが

この感覚を改善する必要があります。

チームとしての未来予測

自分はどのポジションなのか?

 

求められている事を把握しないと

素晴らしいものにはならない。

882fa418.jpg
no-translate-detected_12402-161.jpg

自分のポジション、仕事は何か?

全員がボールを追いかけては勝てない

チーメ編成された撮影(音楽ライブやスポーツなど)では

自分の撮影範囲が限定されます。

 

しかし、未来予測が出来ていないと(のりしろ)

他のカメラにとって「無駄」どころか「迷惑」にもなります。

のりしろ01.png

「アングル」だけでなく「未来予測」のトレーニングで

仕事で優位な(使える)カメラマンになります。